赤ちゃんに出会うまで

不妊治療中の記録とその結果授かった双子の赤ちゃんの妊娠記録を残したいと思います。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
☆RECENT COMMENTS
☆LINKS
☆TRACKBACKS
☆OTHERS
☆RECOMMEND

<< 胎児の推定体重 | main | チャイルドシート >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
帝王切開…
予告どおり産院員主催で参加必須の母親学級2回目に行ってきました。

母親学級の内容自体はあまり特筆すべきことはありませんでしたが
その後、助産士さんに質問のある人は残って話を聞いていいと言うので
数人にまじって私も残り、最後に話を聞いてきました。

私の前にいた2人は現在逆子ちゃんで同じく不安に思っている人でした。
助産士さん曰く、この病院では逆子は「99%帝王切開」だとの事でした。
赤ちゃんの安全を考えるとそれが一番いい選択なのだと。

そして、双子。
双子の場合も「99%帝王切開」だと思っておきなさいと言われた。
最初にこの病院で検診したときに担当医の先生に確認したら
「うちでは双子=帝王切開ってわけじゃない」と言ってたから
経過が順調なら経膣分娩できると思っていた。
甘かった。確かに100%ではないみたいだけど、
かなりまれらしい。しかも初産だと余計に。

もちろん、無事に生まれてくること最優先なのだし、
母親のエゴで赤ちゃんを危険にさらしてはいけないとは思う。
不妊治療の末にようやく授かった赤ちゃんだから余計にその思いも強い。
贅沢は言っちゃいけない。

でもやっぱり下から産みたい。
別に切るのが怖いわけでも傷が残るのが嫌なわけでもなくて、
ただただ旦那様と立会い出産で一緒に産みたいのです。

わずかな可能性にかけてもう少し最後まであがいてみます。
そのためにも2人とも逆子はなおらないといけないなぁ。
明日から一生懸命話かけてみようか。

もちろん、赤ちゃん最優先。万全の状態でなければ帝王切開を選ぶ覚悟
もしっかりしておこうと思います。

助産士さんがこう言ってました。
「帝王切開の現実を受け入れなさい。
 昔は『下から産んであげられなかった』なんて言葉を使ったけれど
 おなかを切ることの方が母親にとってはよっぽどハイリスク。
 『私はおなかを切って産んだのよ!』とむしろ胸を張って言いなさい」
と。

+++++++

それからこの病院の双子管理入院の時期。
私は担当医に最初の頃「9ヶ月には」と聞いていたのでてっきり32週か
順調ならもう少し後くらいから、なんて思っていたんですが、
どうやら30週くらいで入院することが多いそうです。
30週というと後ちょうど5週間しかありません。
7月半ば。思ったよりも入院・赤ちゃん用品準備を急がなくてはいけなく
なりました。部屋の片付けも終わってないのに…。
| 妊娠中の記録 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:45 | - | - |









http://sakurafubuki.jugem.cc/trackback/106
☆PROFILE
不妊サイトはじめました。
よろしかったそちらもどうぞ♪ myBaby.littlestar

☆SELECTED ENTRIES
☆CATEGORIES
☆ARCHIVES